【想像】幻なる世界【創造】

こんにちは、文です。

今回は、幻覚についてのお話をします。

 

「え、幻覚?なんだか怪しいな」と思うかもしれませんが、

私たちは実に多くの場面で知らずのうちに幻覚を見ているのです。

記事でわかること

・私たちは日常的に幻と生活している

・幻覚や幻聴は人間が本来持つ「想像力」が原因

なぜ幻覚や幻聴が起こってしまうのか?

「幻覚」「幻聴」と言葉にすると、

なにか病気を原因としたり、

特別なもののように思える気がします。

 

よく言われるのは統合失調症だとか、

PTSDだとか、

認知症だとか、

薬物のせいだとか…

 

しかし、実はもっと身近なところにあります。

というのも、私達は、常に幻覚や幻聴を見ているのです。

 

その他にも、幻嗅、幻味、幻触など…。

ありとあらゆる幻とともに生活しています。

 

それは、私達の脳は「わからないこと」を最も恐れ、

その恐怖を払拭するために

「想像」する事のできる唯一の生き物だからです。

そして、私たちは想像と現実の区別が付きません。

想像を、うまく現実に溶け込ますような、

脳の仕組みを持っているからです。

 

例えば、目の前になにか物で隠れている風景はありませんか?

スマホで隠れている奥の風景を想像してみてください。

その隠れた風景は、その隠れている部分だけ永遠なる黒い穴が空いているでしょうか?

いいえ、隠している物をどければ、普通に風景が続くことが想像できますね。

 

幻聴に関しても同じです。

例えば、ケータイから音を流すとしましょう。

それは人の声や楽器に聴こえるはずです。

しかし、実際に聴いているものは

「スピーカーから溢れ出た波長」です。

人の声でも楽器でもありません。

 

幻味だと…

例えば、梅干しを想像してみてください。

実際には食べていないのに、唾液が出ますよね。

 

このように、私たちは

人間のもつ特別な力、「想像力」で

「実際には存在しないもの」を常日頃見たり聞いたりしています。

 

この想像力は

ネアンデルタール人という、

我々よりも脳の容量が大きい=頭の良い旧人類に

勝った理由でもあります。

【信仰心】ホモ・サピエンスが生き残った理由【生存戦略】

ネガティブな幻(被害妄想、統合失調症)

さて、人間が日常的に幻と生活していることが

おわかりいただけたと思います。

 

人間は、「わからないこと」を最も恐れ、

「想像」という素晴らしい機能を得ました。

 

しかし、この素晴らしい想像力がもたらす幻のちからには

いいことばかりでなく、悪いこと、副作用もあるのです。

それが「ネガティブな幻」です。

 

何らかの原因により、

人間の本来持つ自己防衛本能があまりにも大きくなりすぎると

ネガティブな幻が強くなりすぎてしまい、

統合失調症などの病気となって現世に現れます。

 

誰かに支配されそうになったり、

理解してもらえなかったり、

自分が自分でなくなるように感じたり…

そんな恐怖との折り合いをつけるように、

恐怖から自分を守るように

幻覚や幻聴などの症状を感じ始めるのです。

夢という幻

さて、幻といえば「夢」が思いつく方も多いのではないでしょうか。

 

誰しもが一度は見たことがある「夢」という幻ですが

一体なんのために見るのでしょう。

実は今もはっきりしたことはわかりませんが、

最も多数派なのが「記憶の整理」、

他に「現実のシミュレーション」

「充足願望」

などなど…。

私たちが現実でよりよい生活を送れるように、

手助けしているように思えますね。

 

にしても、起きて現実に戻っても幻は幻なので

「起きながらにして夢を見ている状態」にあるとも言えるのかもしれません。

社会という幻

実は、「言葉」や「お金」といった社会通念も

その多くが幻、

存在しないものなのです。

なぜ日本人の同調圧力はなぜこんなにも強いのか?「人間関係教」の教徒たち

よく考えてみてください。

仮に私が「幻」と言ったとして

その言葉から感じ取るイメージや定義は、人によって違うはず。

お金の重みも、人によって違うはずです。

そこに「実態」などなく、

あくまでも世間的な共通認識の一環としての役割を担っているのです。

まとめ

私達の脳は、日常的に幻と生活していることがわかりましたでしょうか。

最後に、どうして幻が起こるのかについて解説していきます。

 

私たちは、つい数百年前まで、とても生き残るのが厳しい生活をしていました。

そのため、脳が最小のエネルギー消費で生きられるよう、仕組み化したのです。

【遺伝子の】やりたいことが見つからない人へ【乗り物】

そして、最もエネルギーをコスパよく使う方法、それが「信仰」です。

例えば「占い」「宗教」「親」「社会」そして「言葉」など

いちいち自分の頭で疑わず、まるごと信仰してしまうことで

頭のエネルギーを最大限消費しないようにしています。

 

そういうふうな、脳の仕組みがあるのです。

我々が常日頃感じている「想像」と「幻覚」「幻聴」といった症状は

この「信仰」に近いのです。

要するに、コスパよく脳を使用する仕組み、というわけですね。

 

さて、幻の世界はいかがだったでしょうか。

副産物も多い幻ですが、コントロールして感じる分にはとても楽しいので

無理のない範囲で、楽しむ術として活用していきたいものですね。

 

多くの芸術作品は、幻から生まれたものなのですから。

 

それでは、最後までお読み頂き

ありがとうございました!