人間の幸せに関する認知の限界*Vaundy【不可幸力】の解説

こんにちは、文です。

今回は、

・Vaundyさんの大ヒット曲「不可幸力」についての解説と

・「人はどうしてここまで幸せを求めてしまうのか」ということについて

解説していこうと思います。

 

この世の中に、幸せを求めない人などいません。

誰もが幸せに生きたいと感じているのに反して

幸せだと胸を張って言い切れる人はほんの少しだけ。

 

なぜでしょうか?

 

人間の感じられる幸せには、実は限度というものが存在するのです。

タイトルと歌詞の意味

Vaundyさんの「不可幸力」というタイトルは

不可抗力、つまり「人には抗えないほどの大きな力」

をもじったものであり、

抗を幸にすることで

「人には抗えないような幸せへの希求」という意味を訴えたのでしょう。

 

多くの人が幸せを願う

ないものねだりをして苦しむ。

その一方、

「吾唯足るを知る」という古くからの言葉もあります。

 

「いやいや、知ることじゃなくて、唯もっと幸せがほしいの!」

「いいから幸せをくれよ!」

と思うかもしれませんが、

 

まさにそんな人達を皮肉った歌でしょう。

 

実際、有り余るほどの幸せは紫外線や赤外線と同じように、

人間には認知できないものなのですから。

人間の五感認知の限界

「有り余る幸せは人間には認知できない」

どういうことでしょうか。

 

人間はかなり長い間生きてきましたが、

紫外線の色をそのまま見れたことは一度もありません。

 

紫外線や赤外線が今まで見えなかったかつ今後も見えないのと同じで、

人知を超えた幸せも得られないのです。

 

ただ、紫外線を別の色で認知し直すことができるように

(太陽に当たると色が変わるネイルなどで認識はできますよね)、

幸せも、人間に認知できる程度に変換すれば、認知することができます。

 

得られる限度はないけれど、感じられるものを感じる分には限度はないわけです。

(紫外線を見ることはできないけど、色が変わるネイルをとして紫外線があることを認知することには限度がない)

考えてみれば当たり前の話ですよね。

 

だから、「幸せに気づく」能力こそが重要になってくるのです!

人間の概念認知の限界

「でも、それって視覚の話でしょ?」「概念の話とは別でしょ」

と思う方もいると思います。

 

しかし、五感は=概念なのです。

なぜなら概念は、必ず五感

ーつまり視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚

のいずれかまたは組み合わせを通して認知されるからです!

 

これも、考えてみれば当たり前の話です。

不可幸力の社会的な事情

幸せになれないのは努力不足なのか

あたかも「限界はないぞ!」といったような煽られ方をしている。

「まだまだ幸せを享受できるぞ!」

「生きているうちに贅沢をしないともったいないぞ!」

と。

そんな煽られ方をされれば、有り余る幸せを享受したいと思ってしまうのも当然でしょう。

しかし、人間は努力すれば紫外線がこの目で見れるようになるのでしょうか。

紫外線がこの目で見れないのは、頑張り不足なのでしょうか。

 

それは違いますよね。

 

仮に見えたとしても、人間の目に見えないのは紫外線だけではありません。

紫外線に飽きたら、超音波を聞きたくなったり

足の関節を外してみたくなるかもしれません。

 

そこに「人間はもっともっとできるよ」と煽りの拍車がかかります。

 

なぜ社会はこんなにも煽ってくるのでしょうか。

幸せを強制する風潮の社会

なぜかというと、そうしないと人々に欲求が生まれないからです。

仮に「幸せには限度があるから、今の幸せをめいいっぱい享受しようね」という雰囲気が漂っていたら

誰も何も欲しがらない、

お金の流れが滞り、

経済はたちまち破綻してしまう。

 

例えばインスタで幸せ姿をさらし承認欲求を満たす文化がなくなれば

インスタ映えするお店はたちまち廃れて潰れてしまいます。

それは経済にとって都合が悪いわけです。

 

「有り余る幸せは人間には認知できない」

全くネガティブなことではありません。

 

たしかに、人間のできる限りの限界を知ることは

そこに向かって努力することは

すごく楽しくて、

世界を彩り豊かにさせてくれる行いです。

 

しかし、

 

その不自由な努力によって

幸せを感じるアンテナが鈍ってしまったら、本末転倒だと思うのです。