【心技体】脳に頼りすぎないで

こんにちは、文です。

 

あなたは今、幸せですか。

なんとなく幸せかも、と思う人もいれば

絶望の淵に立たされている人もいるかも知れません。

 

頭でいくら考えても

うまくいかないことも多い。

 

そういうときは、

私たちの身体の他の部位の力を借りましょう。

 

そう、私たちの身体はすべて繋がっています。

心技体

脳に頼りすぎ

私たちの身体は

心技体で構成されています。

 

しかし、私たちは

そのうちの「技」

すなわち「言葉」「知識」「思考」などの

「脳」を過剰に捉えがちです。

 

私たちの意識は脳で作られています。

が、実は潜在意識が98%を占めていることを

ご存知でしょうか?

脳で考つくことは、

たったの2% 。

せいぜい氷山の一角程度の

ことでしか無いのです。

これは悲報であり、朗報でもあります。

なぜなら、脳で考えてわからない場合は、

他の部位で考えれば

全く問題がないということになるからです。

心技体を実感した実体験

ヨガで柔軟に

精神的負担が大きく、

いくら考えても、

どんなに時間を使っても

なにもわからなくなってしまったことがありました。

 

今思えば、あの頃、私の脳は

恐怖と焦りにより

柔軟性を失っていたのです。

 

身体に頼ろうと

ヨガを始めました。

すると、みるみるうちに

何が良いことで、悪いことなのか

わかるようになってきたのです。

便秘が治った

元々私はひどい便秘持ちでした。

食物繊維を取ったり

胃カメラへ行ったり

色々なことをしてみましたが

効果は一向になし…

 

しかし、最近驚くことに気づいたのです。

なんと、腸は、

思考とつながっていたのです。

 

要するに、私の頭が便秘状態を起こしていました。

記憶をいつまでたっても

脳に溜め込み

過去の記憶に引きづられたまま

日々をすごしていたのです。

その日の記憶はその日のうちに成仏させ、

瞬間を鮮度の高い状態で過ごすようにすると

(排泄物を溜め込まないイメージです)

みるみるうちに便秘が治っていったのです。

まとめ

これらの例は

もちろん私のオンリーワンなもので

真似をすればいい、ということではありません。

 

私が貯金しかできなかったのは

溜め込み体質だからで

そうでない方が散財をしたら

ただの散財になってしまいます。

 

しかし、心技体がつながっていることは

誰もが共通しています。

 

人生に行き詰まったら

偽物になりそうなら

心技体のどれか一つに頼らず

総合的に活用してみましょう。