なぜ日本人の同調圧力はなぜこんなにも強いのか?「人間関係教」の教徒たち

日本人は、何かと基準を他人に合わせがちだ。

例えば、バラエティー番組ではワイプが用意されていて、「つられて笑う」を誘導している。

他の人と一緒の行動をとらないと、不安になってしまうのだ。

では、その極端な同調圧力はいったいどこから生まれているのか。

原因1 「セロトニン」不足

元々、遺伝子からして同調圧力の土台は完成されている。

日本人は「セロトニン」が少ない。

「セロトニン」というのは、安心をつかさどる細胞だ。

要するに他の国と比べて不安がちな人が多いということだ。

だから、何をするにも「自分は間違っているかもしれない」と不安に思ってしまう。

英語の知識はあるのに話せなかったり、

わかっているのに手を挙げられなかったリ、

 

見られ方を異常に気にして、身動きが取れなくなってきているのだ

原因2 「信じるもの」のなさ

日本には「信じられるもの」が少ない。

外国だと、例えば宗教がある。

キリスト教、イスラム教。

人口こそ減ったが、まだまだメジャーな「信じるべきもの」がたくさんある

筆者は実は中国出身だが、中国には宗教の影こそうすけれど「家族愛」という確実に信じられるものがあった。

さて、日本はどうだろうか。

宗教、あまりなじみのない方がほとんどではないか。

家族愛、形骸化されてきている

 

でも人は何かを信じたい生き物なのである。

何かを信じたいのに「信じるべき」がほかになにもないから、

「人間関係」を他国以上に信じてしまっている。

原因3 「学校教育」による習慣

われわれ日本人は、学校では〇✖で能力を図られていた。

それが我々を奴隷化させている。

コロナ渦の今だってそうだ。

わざわざ「命令」ではなく「自粛」で動いてくれるような国民だ。

こんなに都合の良い教育を変えたくない政府だが、肝心の我々は、奴隷化教育が当たり前になりすぎて文句の一つも言わない。

そうした根強い奴隷精神が、私たちをより受動的にし、同調圧力ありきの人生へと誘導している。

臆病者に残された宗教

宗教がなくても、家族愛がなくても、正解が分からなくても、私たちは大事にしているものがある。

それが「人間関係」だ。

 

たった一つの安心でいるもので、

たった一つの家族らしき愛で、

たった一つの「正解」

これが「人間関係」

 

同調圧力がどれだけ苦しくてもいい、どれだけ辛くてもいい、

何かを信じていたい。

なぜなら、セロトニンが少なく不安がちだから。

なぜなら、信じられる宗教や愛がほかにないから。

なぜなら、学校教育で昔からそうしてきたから。

これが「同調圧力で生きる」日本人の仕組みだ。

 

別に「みんなと一緒」じゃないと死んでしまう、なんてことはない。

けど、どうしてもこわいと思ってしまう。

「働かないと給料がなくなる…」

「ハブられると生きていけない…」

そんなわけない。

けど、ずっとそうしてきたから、

同調圧力が私を形作ってきたから、今日も同調圧力に生きるしかない。

今日、同調圧力を脱せば、明日は自由に生きられるかもしれないのに。