Tempalay【GHOST WORLD】歌詞解説 「難解に見えてわかりやすい真意」

あびばのんのんから間もなく、新曲を出したテンパレイ。

そなちねを聴いた時からずっと追っていて、あびばを出した時にはあまりに「良」すぎて、しばらく唖然としていた。

これ以上はしばらく出ないだろうな、と思っていた矢先のことだった。

 

最強すぎる…!

 

ちょっと感動しすぎて耐えられなくて。

なぜなら、人類が皆一度は考えたことがあろうテーマ

 

「人はなぜ生きるか」に真っ向勝負している作品だったからだ。

 

とくに人類・世界への「無価値観」のフォーカスしている。

もちろん私は作曲者ではないので、一解釈に過ぎないのだが、

どの解説よりもしっくりくる自信はある。

それを知って欲しくて、この記事を書いた次第だ。

 

さて。

それでは前置きはこの辺にしておいて、さっそく概要に入ろう

・ゴーストワールドというタイトル

・歌詞「くだらない」「飽きたように業をなす」等

・MV (それぞれがそれぞれの世界を生きている)

=ゴースト(存在しない・無価値な・虚無な)
ワールド(世界・世界観・信念)

MVの意味

母は終始ゲームの世界を生きている。

母にとって「ゲームの世界」=「世界」と信じきっており、それをゴースト(=虚構)だと疑わない。

Nice Motherをカルマに、現実に戻りそうになりながらも(息子に会った時などの「ハッとした顔」はまさに「現実に戻り、虚無感を思い出した瞬間」)

血なまこになって(母の世界(=ゲームの世界)での)

息子のために(はいここ重要〜)奮闘する。

 

それに対し、息子は「母中心の世界」=「世界」と設定されている。

※人間か怪しいためプログラミングか?

まあ人間もロボットみたいなもんだからここでは触れないようにしよう。

Perfect Sonをカルマに、母のために懸命にお世話し、母のために理想を演じ、母のために、最終的には人をもあやめる。

 

お互いが「これ違うよな…」「このカルマおかしいよな…」と感じながらも、無価値観から目を背けるように一心不乱にそれぞれの「世界(=ゴーストワールド)」を生き続ける。

 

無意味なカルマに、懸命になる。

 

そして、母がゲームの息子を育てようとすればするほど

息子が母に液体を渡せば渡すほど、お互いは狂いだすのであった。

たまらない日が続いたとしても僕ら
一切の業を成すの

くだらない いつだってもう飽きたように僕ら
一切の業を成すの

※ちなみに、カルマとは業のこと。

ただ、とある宗教の「人間=業」の考えから

「人間の為すこと」「目標」など全般の意味も指す

生きづらさを抱える私たち

精神的感度がたかい人であれば、おわかりだろう。

この世に意味などないことに。

 

「早起きしなさい」「売り上げを伸ばしなさい」「挨拶をきちんとしなさい」

 

「そんなことして何になるの…?」

事実、何もない。

なぜなら、たまたま「生き残りたい」遺伝子が繋いだ命が私たちだから。

「本能のため」というより他はないのである。

 

したがって、無価値観や生への疑問を抱えながらも、生きてゆかねばならない。

本能よりも言葉や思考が発達してしまったから。

この時代だから。

行き着く先が死だと、私たちはどうしてもわかってしまうが、目を反らす必要がある。

僕らの時代がそうさせた夜もある
痛んで遠く遠く浮かんだ

そして最後に。

死の間際に、息子の笑みの理由がわかるだろう。

・ああ、もうこれでくだらない世界を生きなくていいんだ

・どうせこうなるなら、もっと自分を大切にしておけばよかったな

・でもカルマ達成によって喜んでくれる人がいたならそれも幸せか

 

MVに登場した母と息子がそれぞれの世界・カルマを生きているように

私たちもそれぞれの世界・カルマを生きている。

空虚な世界だからこそ、どの世界を選ぶかは自分次第。

その希望も、忘れるべからずなのである。