なぜ男女は永遠にわかりあえないのか?

ちまたに恋愛教本はたくさんある。

相手を理解したい・理解されたいと心底願う男女の数とは裏腹に、

その大半がお互いをわかりあえずに終わる。

 

なぜなのか?

それは、互いの性の根本となる世界観が全く異なるからである。

 

世界観が違うというのは、いったいどういうことなのか。

男女を性質に変換し、さらに文字にすると、よくわかる

 

たとえば、「一番正しい」という言葉。

一番=男性性、正しい=女性性のキーワードだ。

しかし、これは成立しえない。

なぜなら、「一番」規則に則って決められる客観的なものであるが、

「正しい」は人それぞれの主観的なものだからだ。

「一番正しい」など、そもそもこの世に存在しえないことなのである。

 

また、「物理的な喜び」なんかもそうである。

(「幸せを得るための物理的な手段」ならわかるが)

物理=男性性、喜び=女性性のキーワードであるが、

「喜び」は言葉の定義からして精神的なことであって、物理では到底測りえない。

よって、「物理的な喜び」なんてものもこの世に存在しえない。

 

どちらの文も、一見ありえそうに思える。

しかしそれは完全なる錯覚で、実際のところはどうあがいてもこの世に存在しえないのである。

 

男女の関係もこれと全く同じである。

「分かり合えた男女」というのは、一見ありえそうに思える。

しかしそれも錯覚で、実際のところはどうあがいてもこの世に存在しえないのである。

 

しかし、よく考えたらあたりまえのことである。

私たちは生殖行為の際、

しばしば身体全体が「繋がっている」ような表現をするが、

あくまで実際に身体的に「繋がることができる」のは、ほんの一部に過ぎない。

身体がそうなのだから、精神も同じだと考えるのが妥当である。

つまり、

しばしば魂全体が「繋がっている」ような錯覚に陥るが、

あくまで実際に「繋がることができる」のは、ほんの一部だけなのだ。

 

だが、それで十分であるのも事実だ。

身体的に一部のみの「繋がり」だとしても生殖の目的は達成できる。

同じように、精神的にも一部だけ「繋がり」があれば、それで十分に幸せを得ることができるのだ。

 

ようするに、男女は永遠にわかりえないが、

全てをわかち合えなくとも、それで十分なのである。