HSP作者によるブログ経過報告

どうも!

このブログも2019年2月に読まれて以降、現在(2020年9月)で月1万人程度の方に見てもらえるまでに成長しました。

(10月10日追記:メインの流入減であるTwitterアカウントの凍結により大幅に減ってしまいました…泣)

いつも読んでくれている読者さんには感謝です。

ここで、

自分から発信が超苦手だったHSP(エンパス)筆者の約半年間の成長をまとめました。

(初心者→半年目で意識・書き方等何が変わったか)

ブログ初心者からの変遷を惜しむことなく公開しちゃうので、

ブログをはじめてみたいけど余計な遠回りはしたくないから

とっととコツを教えやがれ!

って方にとてもおすすめです!

なかなかHSPだったり発信が苦手な人がブログの軌跡を発表してる記事ってないんじゃないかな。

私の半年間の紆余曲折を丸ごとショートカットすることができちゃいます。

 

あと、いろいろ紆余曲折を経たうえで「こういう風にしよ!」って決まってきたので

今後もそうやって書いてこうと思います。という告知も込めて

最後まで見てね~

改善1 書き始めに設計図を描く

ブログを書き始めのことは、内容さえよければ読んでくれるっしょ!の精神(甘え)がありました。

何も事前準備をすることなくただただ感情垂れ流した文章を書いてたな~。(2019年頃の文章参照)

大まかなタイトルを決めたはいいものの内容はあっちこっちにぶれ、「結局何が言いたいの!?」

とじぶんでもつっこみたくなるほど。

(初期のころの中途半端な記事は消そうかな~と思ったけど思い出にとっとくよ)

さすがにまずいな、と色々工夫し、現在は

・下書きを念入りにすること

・検索ワードを意識すること

に気を付けるようになりました。

下書きを念入りに

ブログ書き始め→一からその場で書いて公開!

って形をとってました。

これは割と完璧主義あるあるだと思うのですが、

頭の中で限りなく完成に近くなってから初めて「やってみよう!」となりません?

でも、実際一気に出してみるともうなんというか非常に☆支離滅裂☆なんですよね

 

それからは、電車でも寝る前でも会社のトイレでもぱっと浮かんだ時にメモするようにしました。

頭で完成させず、メモ帳に少しずつ吐き出したものを重ねておくようにしたんです。

で、設計の時点で改良を重ねていくことを入念に行うようになりました。

そうすると、グーグルキープからメモったものをコピペすると土台が完成されるので、書き出しがとても楽になります。

「めんどくさいな〜」と引伸ばす行為も無くなりました。

あとは、「一時の感情的な自分」じゃなく「朝」「昼」「夜」その都度の冷静な自分に「ちょっと脇道それてるぞ」等指摘をもらえるんで、中身も統一されるようになりました。

だから、ブログを書き始めようかな・・・とおもっているそこのあなた!

ここからはただのアドバイスです。

今ブログを実際に作らなくてもいい。

最初は昼夜思ってることをメモ(グーグルアカウント連携でスマホ⇄パソコンで見れるのでグーグルキープがおすすめ)してみてください。

 

それが今後のストックになりますから、それを書いてからブログの大体の方向性とかを決定して、初めてブログをはじめることを考えるのがオススメです。

「はてぶにしようかなーワードプレスにしようかなー」って迷うのは、その後です。

目次、タイトルは検索されるワードを意識

2か月前くらいかな、

いよいよグーグルアナリティクス(どこから読者来たよ、このくらいの年齢層と性別だよってのを教えてくれるツール)やサーチコンソール(どんな検索ワードからどのくらい入ってるよ)を入れ始め、

どんな記事が人気なのか、どういった人が見てくれるのか分析するようになりました。

SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)対策ってやつです。

それまでは本質重視で、特にPRしたいとか思わなかったんですね。

でも、結構自信あった記事を見てくれなかったりとか、そんなに力を入れてないけど検索されやすい記事が1位になってたりとか。

そこではじめて、「あ、どんなにいいこと言っても見てくれなきゃ意味ないな?」と、検索を意識するようになりました。

かといってSEOを重視しすぎるってわけじゃありません。

今までが重視しなさ過ぎただけです。

 

とはいっても、本当に基礎の基礎(競合が法人以外を狙う、記事にタイトルを散りばめる、等)しか抑えられてませんが。

ちなみに、グーグルアナリティクスでデータを見る作業はなかなか楽しいものです。

 

俗っぽいっぽいこともちょっとでも読者を増やすためにがんばるんだ、とちょっと意識が変わっただけでも大きな進歩です!

改善2 言いたいことを絞る

初期のころは、欲張って1記事に言いたいことをすべて詰めてしまっていました。

で、思っていることをうすーくすべての記事にちりばめちゃって…。

記事を書いているうちに「あれ、これ前にも言ったな…??」の違和感を感じるも無視し、やがて「なんか違うなー」が我慢ならなくなってきました。

そこで、いったんブログを整理しよう、で言いたいことを洗練させよう、と決めました。

やったことは2つ。

・ロードマップ作成

・カテゴリ分け

です。

ロードマップ

初心者のころは「想像と創造」とかいうめちゃざっくりしたテーマを扱っていました。

「新たな世界を想像し、みんなで作って(創造)いこう!」がコンセプトでした笑

ちょっと壮大すぎますね。欲張りなのが伝わってきます。

この壮大なビジョンに耐え切れず、一個一個記事の内容をざっくりまとめ、各ジャンルごとに言いたいことをまとめる記事を実際に書いてみました。

で、「ロードマップ記事」を作成してみました。

そうすると、「想像と創造」なんて大層な題名を付けた割に「人」にかなり焦点を当てていることがわかりました。

(ちなみに全体編のロードマップはこれです)

ブログ紹介!~全体偏~

自分では世界全般の話題を平等に取り上げているつもりだったのにです笑

こんなに「人」に絶大な興味関心を持っていたなんて!自分でもブログを振り返ってみて初めて知りました。

そこで「人」を前提したうえで、カテゴリ分けを行ってみました。

カテゴリ分け

カテゴリ分けをすると、各カテゴリで大体何書こう?がルーティーン化され、書くのが容易になってきました。

〇〇について書くときは「帰納」(思考から本質を探る)〇〇について書くときは「演繹」(本質から社会を予想)と分けて考えられるようになったことで、「あ、パーソナリティの時は壮大すぎること言うんじゃなくて具体的な打開法を示そう」だったり「社会について語るときは深部の本質的なところまでいこう」だったり、

「目に見えざるメモ」が知らずのうちに生成され、それに従って書くために記事被りがなくなりました。

ほかの記事に〇〇書いて、今回は〇〇が話題だから、〇〇をこういう焦点で書けばかぶらない!みたいな。

分けて考えられると、うすーい内容を全体にちりばめずに、濃く具体的に書けるようになります!

改善3 見やすさを意識する

ブログの執筆が進み分析するにつれ、自分でも自分のブログに「ミスがないか?」覗くようになりました。

そこで、他のブログに比べて少々見づらい点があることに気づいたんですよ。

そこで

・アイキャッチ画像貼り付け

・最初に概要をいれる

・文字サイズ変更(スマホで見やすいように小さく)

を行いました!

アイキャッチ画像

ブログ記事の最初に画像が貼ってあるじゃないですか。

あれ、「アイキャッチ画像」って言って通常貼るべきものなんですよね。

あれを初期はめんどくさがって(というか貼るべきって知らなくてスルーしてて)、で、最近ようやく知ったんです。

急いで貼り直しました。

大体の記事の内容から

「あ、これはエネルギー衝突のやつだ」と思ったら「光と光がぶつかる絵」だったり「これは(精神の)引きこもりのやつだ」と思ったら「うなだれる少年」だったり

ちなみに今回は「ブログ系」なので、大きな物語ということで「大きな本の絵」をメイン画像にしてます。

自分なりにカテゴライズされた画像を使うことでぱっと見でわかりやすくなったかな、と思います。

最初に概要をいれる

いろいろなブログを覗くうちに、「最初に簡潔にまとめが入ってあると読みやすいな〜」と気づきました。

ブログの内容を受け止める器ができるというか。

で、最初に要約入れることがそんなに難しい作業じゃないことにも気づきました。

先述の通り、言いたいことを一つに絞れるようになると下書きの時点で目次と要約が生まれるんですよね。

読み手にもわかりやすいし、自身でも見返したときにも内容を簡単に思い出せる。

これは書かない手はないでしょ、と最近よく入れるようになりました。

文字サイズ

デフォルトの文字サイズをずっと使っていましたが、

グーグルアナリティクスで「スマホ利用者が8割」というのを絞り出してから「スマホで見やすい文字の大きさにしよう!」と文字の小さく仕方を調べ、設定し直しました!

※会社で画面暗くしてこっそり。ドキドキの2時間だった

まあ見た目の部分は後からでもいくらでも直せるんで、ブログ初心者がいきなり気を使うところではありません。

デザインに関しては、後々こういうことするんだよ、ということを知っていただければ幸いです!

まとめ

さて、「ブログ書き始めから変更した点(初心者必見)」紹介してきましたが、いかがでしたか?

なんとなく「こうやってブログって作られていくんだ〜!」ってわかったのではないでしょうか。

これを見てくれた方が。

繊細で、今まで外に気持ちを吐き出せなくて、一人ぼっちで孤独を感じていたあなたが、

発信を通じて世に才能を出せることを願っています。

 

読んでくれてありがとね。