人生を好転させたい人向け【迷子の原因編】

人生なかなかうまくいかない。

もうなんでもいいや!と自暴自棄になって引き込も

った後に

ようやくそれじゃだめだと気づいた。

そんな私が、社会復帰までに気づいたことをまとめます。

めっちゃ時間かけて導き出しましたので、読まないと損ですよ…?

この記事の目的
・色々やらなきゃいけないことがあるのはわかるけど何もやる気起きない
・何をやるべきなのかもわからない
・できれば何もしたくない
といった「人生の目的迷子」の方々に、
その原因と解決策を教えます。

なぜ人生うまくいかない?

判断迷子の大きな原因

まず、前提をお話しします。

私たちは無意識的にでもめちゃくちゃ重要視しているものが「2つ」あります。

人生うまくいって成功者の立場を得ていたのにも関わらず

この2つによって逮捕される例があります。

それほど、多くの人を狂わせるものです。

 

金と異性です。

金=現在(今の私の生死に直結する)

異性=未来(将来の遺伝子存続に直結する)

要するに、「現在の命」と「未来の命」ですね。

いやいや、そんな一般論いいからはよ人生迷子の原因の「正解」教えろや!と思いましたか?

衝撃的なことを言います。

「正解」なんてないんです。

正解なんて、自分の心にしかないんですよ。

だって生物って、生きてることが正解だから。

私たちのこの「何をすべき?」って思考も、生きるために人間が独自に進化させた手段です。

これは、今度また記事に書きますね。

じゃあ、あなたの正解なんですか?

答えられないでしょう。

なぜ答えられないか。

生来生まれ持った「これやってるときわくわくする!」だったり「これ好き!」だったりが狂ってるんです。

本来、こういった自然な感情によって人は動きます。

頭でっかちにならず、あくまでも自然に。

それが、ざっくりと「金と異性」にカテゴライズされる部分で引っかかるところがあって、

「自然」に動けなくなってしまっているんですよ。

例えば、「好きな人がわからない」って女性が最近多いんですけど、

おそらく世間体だったり経済力だったり、「こうあるべき」にとらわれて、

生物的な「本当に好き」のセンサーが鈍ってるんです。

逆に、「好きな人に頼りたい」という本能が働きすぎて

人間的に自力で稼ぐ力がうまく働かなかったりで調子がおかしくなったりもします。

本当は恋人なんていらないのにわざわざ作って好きと思い込んだり、

逆に欲しくてたまらないのにいらないふりをしたり。

あとは「自分が何の職業に向いてるのかわからない」も、本来はそんな問い生まれないんです。

だって、自然に生きてりゃ普通にそれなりに興味あるとこに行きますって。

でも、大事な決断であるほど頭でっかちに考えがちですよね。

経済力をあげたかったり、ステータスをあげたかったりの理由でしょうか。

私もパソコン全然好きじゃないくせに将来性考えてITを選び、今後悔真っただ中なのでわかります。

で、経済力あげて、将来への安心を手に入れて何がしたいですか?

それは本当にやりたいことでしょうか?

それとも、頭でっかちが悪いなら思考停止して周りに流される?

本当は、人それぞれで本能と理性のちょうどいいバランスがあります。

で、そのバランスによって、余計なことを考えずスパッといい決断をする。

でも、

その判断も、いずれできなくなってくる。

自分の感情を無視するとわからなくなってくるんです。

不必要なぜいたくを目指され、そのための「やるべき」の言葉で自然な感情を裏切ってるんです。

 

ようはだから、金と異性に狂ってるんです。

大きく狂ってるわけじゃなく、やや狂いです。なので見えづらいんです。

でもこれって当たり前なんです。

「お金」って概念があるのは人間だけだし、「異性」に理性を持ち込むのも人間だけ。

 

賢い人(=人間的な、理性的な人)ほど悩みやすいんです。

これに関しては、この先の説明を読んでいただければもっとわかると思います。

「金と異性」の魔力

金=現在(今の私の生死に直結する)

異性=未来(将来の遺伝子存続に直結する)

ものです。

この二つにある程度余裕のある普段は、理性で判断できる状態です。

これが危うくなると、「本能的に」危機感を感じ、

身体のいろんな部分が「本能的に」作動するようになります。

だって、生物にとって「今の命」と「未来の命」って最優先事項ですからね。

死を避けるくらいだったら何でもするんですよ、本来の生物は。

そこに関しては、生物学を色々勉強したうえで言います。

疑いようがないんです。

そこに人間は理性があるから、その本能の願いを見て見ぬ振りし、

言葉で違うものに置き換えて自殺しちゃったりする。

本末転倒にもほどがあります。

 

そう、金と理性に思考を奪われると、

自分のオリジナルブレンド理性・動物の本来のバランスが崩れます。

要は、動物的になる。

動物は「今ここ」しかわからないですよね。

ありとかが「10年後の僕は営業のプロになってて、貯金がたまって結婚したら…」とか考えません。

生物的に当たり前でも、人間界からすると自分のことしか見えないのは「自意識過剰」にカテゴライズされます。

「当たり前」じゃないってことです。

「分かる」という漢字の通り、「理解」って物事の「区別」から始まります。

だから分断の分の字が使われてるわけです。

自意識過剰になって視野が狭くなると、「自他の区別」ができなくなります。

で、自分も他人もないので、もちろん「分かる」こともない。

要は全部理解できない状態になっちゃいます。

で、今しか見えないので未来が極度に不安。

 

自分しか見えないし、自分は間違ってないと。

なのになぜだか未来が不安だと。

人生がうまくいかないと。

でも正しい判断もできない。

結果、誰かに人生を委ねたりするようになります。

周りに流されて生きたり、推しをたくさん作ったり、もういっそ宗教に入ったり。

別にこれ「宗教」なんて名前付いてなくてもいいんですよ。

「宗教」=「本能的危機感の回避法」だったりしますから。

例えば、「お金」だったら、一番の収入源は会社ですかね。

だから会社関係のことは、理性で判断できなくなり自殺する人が多いです。

就活失敗だったり、リストラだったり、人間関係だったり。

お金教ってかんじ?

あとは「異性」だと、恋人と付き合えそうなとき、別れそうなとき、異常にドキドキしますよね。

これはわかりやすく理性を使って判断することができなくなりますよね。

異性教でしょうか。

んで、この2つの不安を吹き飛ばすのが「キリスト教」だったり、「イスラム教」だったり。

あれも生物的な不安が勝っての理性じゃないですか。

だから根本は変わりません。

 

あとはアンチもファンも、

自分のために期待をし、

他者攻撃で身を守るのも一種の宗教。

「推し」に宗教色が強いのは周知のとおりで、アンチは…「アンチ教」とでもいいましょうか(安直)。

 

でも、そんなことしても狂った判断は狂ったままですよね。

かといってお金と異性を人生から捨てる、なんて本能が許しません。

じゃあ、どうしたらいいか?

人生迷子の解決策

ここまでの話をまとめると、

金と異性→「今ここ」しか見えなくなる

これが治ると

「今ここ」じゃなくなる→客観視できるようになる

客観視できるようになると、視野が広くなって

自意識過剰になることも、未来におびえることもなくなります。

固定概念だったり常識も、外の世界から見て「あほくさ!」ってなり、

どうでもよくなって生きやすくなります。

 

じゃあどうやって、金と異性に執着しなくてよくなるのか?

答えは、お金と異性性を十分自分に取り入れればいいのです。

人間だれしも、子供のころは同性性が強いんです。

でも人間だから、異性と性行為以外でも触れ合えます。

で、自分の中に精神的に(物理的にじゃないよ!)異性を取り入れて、大人になっていきます。

そうすると、自動でお金が入るようになり。

「今ここ」がなくなり、客観視できるようになります。

そしたら、「客観的な判断」で、今のような意味不明な決断をしなくなります。

で、自信がつき、将来を不安にも思わなくなる。

 

これだけで、人生が好転するんです。

じゃあ、具体的にはどうするのか…

これは男性と女性でやり方がわかれているんですよ。

続きはこちらの記事に書いてありますので

自分の性別のほうだけでも読んでみてください~!