【人類の歴史】「変な人間」の役割と使命について

こんにちは、文です。

 

この世の中には、多種多様で実に様々な人がいます。

その中には、要領よくひょうひょうと生きられる人もいれば、

不器用で苦しんで生きた人もいます。

 

なぜ神は、このようにバリエーションに富んだ人々を作ったのでしょうか?

そして、そんな世の中をどう生きればよいのでしょうか?

神の視点

生存競争ゲーム

前提として、私達すべての生物は

「生存競争ゲーム」に参加しています。

 

(根拠は長くなるので他の記事に記しますが、

こればかりは強制参加です…)

 

なるべく多くの個体を生き残らせるために、

あなたならどんなパーティーを組むでしょうか。

 

きっと「守備」「攻撃」「ヒーラー」「預言者」など

困難に対して共倒れにならないよう、

様々な役割をおいて、偏らないよう配慮するはずです。

ミスの余地を残された役割

神様も同じ様に考えました。

私達は自分のDNAをコピーし、
子孫を増やしてきましたが、

初めてプレイする神様は、手探りながらも多種多様な人がいたほうがいいだろう!と考え

コピーミスをする「余地」を与えたのです。

(神がいるかいないかは別として、一旦わかりやすいようにいると仮定して話しています。)

 

以下の動画は、

「前の線をなぞって」という簡単なミッションに対し

なんども「コピーミス」をし、

最終的には全く別の形ができる様を表しています。

先程「神ならどうするか」と話しましたが、神がいるかは私も不可知です。

しかし、仮に神がいないとしても、

 

「コピーミスをする余地を与え、

そのミスのおかげで環境に最適化したら「進化」とし、

うまくいかず死んでしまったら次回の反省に活かす」

ということを私達の細胞が行い、結果生き延びていることは紛れもない事実です。

 

(ちなみに、MBTIでいうところのN型は

私は「コピーの「余地」を多めに与えられて生まれた型」だと考えています。

MIBTの詳しい説明はこちらをご覧ください。

失敗したら残念、でも成功したらそのまま次につないでね、と。

だから2.5割しかいないし、神に試されています。)

 

かつては確かに、物凄く生きづらかったと思います。

生きづらい先輩方は「インディゴチルドレン」という言葉を生み出しました。

インディゴチルドレンとは?

1970年代以降に生まれた、「好奇心旺盛で変わっている」などの特徴を持ち、

ときには超能力的な力を持つ人のこと

これは「N型」の特徴をそのまま反映しています。

多様化が進む現代

「言葉」というのは、コントラストから生まれるので

(「黒」という言葉は「白」との比較から生まれます)

今この言葉が流行らないのは

要するに、「好奇心旺盛で変わっている」人がいることが

最近になって初めて「当たり前になっていった」からです。

昔はもっと自由がなかったので、大変な思いをしたことと思います。

しかし、役割が不要なら淘汰されているはずなので、

遺伝してここまでやってきたからには、

どんなに苦しくても必ず役割があるのです。

【人生哲学】人はなぜ生きるか【積極的虚無主義について】