投影の法則<要約と根拠>

投影の法則とは?

投影の法則・原理とは、簡単に言ってしまえば「他人は自分の映し鏡である」というものです。

自分の思考・行動などの性質は、周りにいる人にも影響しているわけです。

例えば、人間関係が上手くいってない人は、原因を人に求めるのではなく、自分の考えや行動を見直してみましょう。

他人は自分を映す鏡であるということは、周りの人たちが良い人ばかりならそのままでいいし、嫌な人が多いと思うなら、自分が嫌な人になっているということです。

宇宙の法則とは具体的に何か?7つの原理・仕組みと恋愛やお金を引き寄せる簡単な方法も!

🌟投影の法則の根拠は?

実際のところ、脳科学的に

脳は「現実」と「想像」の区別がつかない。

=現実である「自分の感情」と、想像である「他人の感情」の区別がつかない。

そして、想像である「自己イメージ」も、現実である「自分の感情」から創造される。

脳の認識率➡︎自分の感情>自己イメージ>他者イメージ>他者の感情

従って、脳が「自己の感情」を「他者の感情」だと認識し、

それに従った行動を促す命令を身体に出すため、結果的に他者の感情に作用するのである。