陰陽の法則

陰陽の法則とは?⬇︎

https://www.matsuihsp.or.jp/shokunai/html/study/study29.htm

※要約→物事は必ず陰か陽かのどちらかに分類され、また陰や陽はお互いの要素を含む

 

🌟陰陽の法則は本当か?

本当!

 

🌟根拠は?

わかる=分かる=分けられる=陰か陽かに分類する

だから。

陰陽が存在しているか?という問い以前に

「陰陽の存在しているもの」しか我々は「存在している」と認識ができない。

 

🌟もう少し詳しく!

我々は物事を認識するのに、言葉を使う。

(=言葉のないものは、認識ができない。)

言葉を使って思考をしているが、言葉というのは「分類」によってできている。

分類するということは、そこに少なくともグレーゾーンが存在し、

それを両極のどちらかに存在させるということ。

つまり、認識されている(言葉がある)限り、

グラデーションから陰か陽かのどちらかに「分けて」いることになる。

という意味で、「物事は必ず陰か陽かのどちらかに分類されている」のである。

 

しかし、実際には人工的に「分けて」いるだけであり、

元をたどるとグラデーションに存在していたことに変わりはない。

つまり、陰であれ陽であれ、どちらかに「分かちた」反対側の性質は

視えはしないけれど、消失もしていないのである。

 

例:陰が2割で陽が8割なら人はそれを「陽」と呼ぶが、

その「陽」に含まれた2割の陰が消えるわけではない。

 

という意味で、「陰や陽はお互いの要素を含む」のである。