《宇宙の法則》

私達は、誰しもが宇宙の法則に則っています。

宇宙の法則とは?

「宇宙の法則」について書かれているサイトはたくさんあります。

その大抵は、宇宙の法則についての具体的な内容

例えば、宇宙の法則は「4つ」、「7つ」、「12つ」ある、などと書かれています。

 

けれど実際のところいくつあるのかは、人間には必ず理解できません。

具体的なことを何一つ理解できないんだよ、というのも宇宙の法則になります。

 

なぜなら、私たちの体は宇宙によって構成されており、

授かったもの以上のことを視ることはできないからです。

「真実は理解できない」という真実【矛盾だらけのこの世界】

 

だから具体的なことはわからないけれど、以下のことは確実なのです。

ワンネスの法則

私たちは必ず五感を通して宇宙を認識します。

それは、私たちの五感の中に宇宙があるとも捉えることができる。

 

私たちは一人一人が宇宙であり、宇宙は私たち一人一人です。

そしてそれらはすべてつながっています。

 

これが「ワンネス」という考え方です。

 

ただ、私たちは「ワンネス」という概念すらも言葉を通じて理解しています。

陰陽の法則

次元を超えてグラデーション上につながった「一つ」を、

両極のどちらかに切り「分けて」複数の概念を生み出す。

「分かる」とは「分ける」です。区別することが理解することなのです。

両極に切り離すことで「分かる」ことを「陰陽の法則」と呼びます。

宇宙無限であり有限

この2つの概念は、真逆(陰陽)であり、一緒(ワンネス)です。

ワンネス」がなければ、「陰陽」の双方が同居することはなく、

陰陽」がなければ、(永遠に「分かれ」ないので)「ワンネス」などの概念は生まれない。

 

私たちは宇宙の子である限り、宇宙無限であり有限である。

 

何をするにもこれは当てはまります。

例えば受験勉強の際に、まずは我の状態からタスクわけを行った。

(ワンネス→陰陽)

タスクわけをしたあと、それらのタスクが一箇所にまとまった過去問を説いた

(陰陽→ワンネス)

過去問を説いたあと、再度課題を洗い出しタスクわけを行った

(ワンネス→陰陽)

 

この2つをスパイラル状に進めることで、私たちは存在します。

 

言われていれば当たり前。

だってそうとしか捉えられないのですから。

 

それこそが、宇宙の法則なのです。