INFJ≒HSP≒マルチポテンシャライト≒スターシード≒インディゴチルドレン≒エンパス≒エニアグラムタイプ4≒INFP

こんにちは。

理想を描いてスケジュールを詰めては自ら破壊しにいく文です。

 

さて、今回はタイトルがやたら長いですけど笑

一体この長い呪文が何を表しているのか?といいますと

実はパーソナリティ系の知識を勉強していくにつれある法則に気づきまして、

結論から言うと「これらの言葉、全部一緒のこと言ってる…!」のです。

中身が一緒なのに、名前だけ違うんですよ。

不思議じゃないですか…?

一体どうしてこんな現象が

言葉の意味

本題に移る前に、「これらの言葉が一体なんなのか?」気になっている方もいらっしゃると思うので、

最初に定義を抜き出していこうと思います。

INFJ

INFJとは?→「MBTI」と呼ばれる人の性格を16個に分けた分析のうちの、1タイプ。

↓詳しい特徴↓

提唱者型の人達には、非常にユニークな二面性があります。

話し方は穏やかですが、非常に強い意見を持っていて、自分が信じる思想のためには休むことなく闘い続けます。

また、決断力と強い意志を持っていますが、その力を個人的な利益のために使うことは滅多にありません。

創造力や想像力、信念、思いやりをもって、利益を生み出すためではなく、バランスを作り出すために行動します。

平等主義やカルマ思想に非常に魅力を感じ、愛と思いやりをもって独裁者の心を和らげることこそが、最も世界を救うと信じています。

※より詳しい説明と抜粋サイト元はこちら

HSP

HSPとは?→ハイ・センシティブ・パーソンの頭文字をとったもの。

「すごく敏感な人」の意味。

↓詳しい特徴↓

深く情報を処理する

過剰な刺激を受けやすい

心の境界線が薄い・もろい

疲れやすい

※より詳しい説明と抜粋サイト元はこちら

マルチポテンシャライト

マルチ=複数の

ポテンシャル=可能性

ライト=人

→「複数の可能性を持った人」の意味。

↓詳しい説明↓

あなたの職業は何ですか?と聞かれたら、●●ですと答えるのが一般常識と思われています。

あれもこれも大好きなんです、というと、ちょっと困った顔をされることが多いでしょう。

マルチポテンシャライトとは、様々なことに興味を持ち、多くの事をクリエイティブに探求する人のこと。

何かの専門家やスペシャリストではない、ライフワークが見つからない、飽っぽい、何をやっても中途半端で自信がない。

そういう風に思っていないでしょうか?

一つのことに集中できない、継続できないダメな人間なんだ、と落ち込んではないでしょうか?

でも大丈夫!きっとあなたは、マルチ・ポテンシャライトです。

https://fumioka-yusei.com/2020-10-10

スターシード

スターシードとは?→宇宙から地球にやって来た魂のこと。

「地球のアセンション(次元上昇)を手伝うため、そして自らの魂をいっそう成長させるために地球に転生してきた、高潔な存在」

だそうです。

↓詳しい説明↓

スターシードはとても個性的で宇宙愛にあふれる存在である

スターシードはとても強い個性を持ち個性が際立っているので、普通の人たちと同じようにできない自分を責めてきていることが多いです。また地球の考え方とかけ離れた宇宙の真理に沿っているので、地球の中では変わり者として扱われたり厄介者のようになり、孤独感や疎外感を多く体験してきています。

その反面、実はスターシードがやることはとてもユーモアがあり愛にあふれしかもそのすべてが周りの覚醒につながっています。宇宙の真理に沿っているので自然に多くの人に気付きを与えているのです。

※より詳しい説明と抜粋サイト元はこちら

インディゴチルドレン

インディゴチルドレンとは?→​特別で変わった特徴を持ち、時には 超自然的な能力を持つとされる子どもたちのこと

↓詳しい説明↓

共感的で、好奇心旺盛、セルフコントロールに長けている

家族や友人には、変わっていると思われる

自分という存在に対するしっかりした定義と目的意識を持つ

幼いころから無意識のうちにスピリチュアルなことに強い興味を示す(必ずしも宗教的なこととは限らない)

自分には生まれてくる意義があったと強く信じる

※より詳しい説明と抜粋サイト元はこちら

エンパス

エンパスとは?→共感力(エンパシー)が極端に強い人たちのことです

エンパスは生まれつき高い共感能力を持っている故に、他者の目に写る自分を感じ取ることに長けています。

そのためどんな集団にもある程度は馴染むことができ、「この人みたいになりたい!」という対象が現れれば、ある程度は簡単にその人の特徴をコピーできてしまいます。

その上生まれた時から境界線が独特なので、大人になる頃にはすっかり「自分」が分からなくなっていて、見かけ上全くエンパスっぽくないことも多いでしょう。

※より詳しい説明と抜粋サイト元はこちら

タイプ4

タイプ4とは?→人の性格を9種類に分ける「エニアグラム」のうちの一種

↓詳しい説明↓

このタイプの人は、ユニークで創造的で、独創的で、何よりも感動を大切にします。芸術的で、行動的でもあり、平凡であること、人と同じであることを嫌う傾向があります。感受性が鋭く、人の気持ちに対してとても敏感です。

一人ひとりの持つ個性や雰囲気の素晴らしさに、素早く気づきます。個人主義的で、自己探求的で、自分に対して極めて正直です。大きなグループには入りたがらず、限られた範囲の、自分を理解している人たちとは特別に深いつながりを持ちたいと思っています。

※より詳しい説明と抜粋サイト元はこちら

言葉の違いと共通点

いかがでしたか?

あなたはどれに当てはまったでしょうか。

そして、どの言葉もほとんど同じ内容を表現していることに気が付きましたでしょうか?

すごく大雑把に言えば、どの言葉も

「個性的で理想が高く古い慣習や権威が苦手で、生きづらさを感じてきた」人々

を表現しているかと思います。

特に以下の2名は、互いに「HSP」、「インディゴ」の説明をされていますが、

言っている内容は全く一緒と言っても差し支えないほどです。

言葉の根源は苦しみに

では、なぜこのような事態が起きるのでしょうか?

ここからは少し難しい話になりますが、内容があって初めて言葉ができるわけです。

HSPやインディゴの詳しい説明の中に

「苦行をしてくるために地球に来た」「あえてハードな道を選びがち」

などとありましたが、

この世界を苦行だと感じたり、ハードな道を選んでしまったという自覚がなければ

そもそも、この言葉にたどり着かないのです。

もっとわかりやすくいうと、「インディゴだから生きづらい」のではなく、

「生きづらいからインディゴだからと自分を納得させている」のです。

両者の違い、わかりますでしょうか。

 

そして、言葉が統一されていないのは、これらの言葉が新しくできた概念だからです。

例えば、「りんご」という言葉が初めてできたとき

ある人が「この赤い果物はりんごだー!」と定義してから、それが定着するまでに時間がかかりますよね。

もちろん一斉に「うおーりんごだー!」と全国に広まるわけではありません。

最初はいろんな呼び名があって、数年かけて、徐々に一つの呼び名に定着していくのです。

(ちなみに、国が違えば今でも違う呼び方は違いますね。「Apple」「苹果」というように。)

今回ご紹介した言葉はまだ特定の一つの言葉に定着していないくらい、新しい概念だということです。

向かう方向はどちら?

で、なぜ私がこんな記事をわざわざ作ったかといいますと

結論から言うと、言葉という表面的なところだけを見て

「私はインディゴだから特別なんだ」とか

「私はHSPだから特別なんだ」などと

「特別のカサを着た優越感」で苦しみを我慢する人が多いな~というところに課題を感じたからです。

「〇〇だから」で納得できるほど表面的な結論を求めているなら別ですが、

そうでない場合は本質的な苦しみを、

言葉の力で「しょうがないよね~」と押し込めてしまうことにつながると感じたのです。

 

そうならないように、

「あなたは自分の中の苦しみをダイレクトに見つめたことはありますか?」

今一度、自分の心に問いかける必要があるように思えたのです。

 

たくさんの情報が手に入るようになりました。

が、どんなにたくさんの情報があれど、情報はあなたの心の健康のためにあります。

あなたの心の健康のほうがよほど大事だということです。

 

あなたがこの記事にたどり着いた理由はなんですか?

心の奥底に閉じ込めた苦しみがあるとしたら、

私の記事よりも、

そちらに目を向け

そして

適切な解決策を取るほうが先なのかもしれません。

本当にこの世を苦しいと思っているなら、の話ですが。