行動できないINFP「真面目系クズ」と呼ばれてしまう理由

はじめに

INFPを検索窓に入れると、連なって「クズ」というサジェストがでてきます。

INFPはただでさえMBTIの中で最も年収の低かったり、自殺率が高かったり

大変な人生を歩んでいるのに

どうしてこんなことまで言われなきゃいけないのか…。

「社会不適合者率No1」なんてサイトで書かれることもあり、もう散々です…笑

 

というわけでこの記事では

一体どうしてINFPがこんなことを言われなければならないのかを深掘って考えてみたいと思います。

そして、どうすればINFPが本来持っている力を発揮できるようになるのか。

周囲からクズと認識されることがなくなるのか、併せてお伝えしていきます。

 

2022/5/15 Youtube始めました↓↓

元INFPのクズあるある

筆者は度々、INFPーTと診断されることがあります。

そんな私は、しかし自から、クズなのだろうな、クズと思われているのだろうな、と思うことが度々ありました。

それを今から羅列していきます。

 

※ちなみにこの記事では、「クズ=社会の役に立たない者」と定義していきます。

※「INFPの特徴」として紹介していますが、「私自身と周囲の話から抽出したINFPの特徴」の略だと捉えてください。

  全てのINFPに当てはまるというわけではありませんので、あしからず

基本アイデアは実現されない

INFPは、基本24時間何かを考えていると思います。

5秒に一回は何かしらひらめく、アイデアの宝庫。

しかしその全てが実現されることはありません。

それどころか、むしろ一つも実現しないこともありえます。

 

何かを思いつくとワクワク感が出てきて、脳がやる気に支配されます。

良くて、準備するところまでいきます。

その後は…

「明日やろう!」の決意とともにアイデアの幕を閉じます。笑

 

しかし、残念ながら実現できないアイデアに

忙しくすぎる世の中は「価値がない」と判断してしまいます。

過剰ぎみな自意識

INFPは、基本的に自意識過剰なタイプだと言われています。

つまり、自分の内側にベクトルが向きがちなのです。

 

アイデアが浮かびまくる性質も相まって、常日頃「優しいことしたい!」「役に立つことしたい!」と祈っている。

少なくとも筆者はそうでした。

 

しかし、実際は「社会人なら当たり前」といえる程度の気遣いすら難しかったです。

そう、いつも、肝心なときになって動けない…!

日頃あれだけ優しく有りたいと祈っているのに、何故でしょう?

それは、「我を忘れる」ことが、他タイプに比べて難しいからです。

 

INFPは特有のエネルギーの内向きベクトルにより、一瞬のうちに自己についてたくさん考えます。

「私が今〇〇したらこう思われるんじゃないか」

「これは罠かもしれない」

「一旦他の人の様子を見て決めよう…!」

 

そう思っているうちに「別に普段から祈らない普通の人」が助けます。笑

 

あぁ、なんて切ない…。

 

ちなみに、

INFPと似ているINFJは、とっさの行動ができるといいます。

それは常に目標>自己の状態にあるからです。

だから、「咄嗟に転んだ人を助ける」「意識せず食器をみんなに取り分ける」ということが可能です。

(実際よくやっているのを見かけます)

 

ただしINFJは逆に、INFPとは異なる種類の「内向きのベクトル」により、

自分に意識が向かないそうです。

実際に主機能が「Fe(他者感情)」で、劣等機能が「Fi(自己感情)」なので、

意外にも「自分の感情迷子」になりやすいといいます。

(それもそれで生きづらそう…)

 

さて。

INFP特有の内向きベクトルについて説明させていただきました。

INFPは頭では、正真正銘世界を救うヒーローです。

ですが…それが表世界に現れないために

価値を発揮できていません。

自己完結グセ

INFPの残念で惜しい性質は、まだまだあります…

前項ではINFPの内向きベクトルが自意識過剰になりやすいことに繋がることを説明しましたが

内向きベクトルということは、外向きに使えるエネルギーが限られている、ということです…!

結果、何が起きるか。

「外界への意識の欠如」です。

 

これによる弊害は実に大きいです。

例えば…

・子供の頃「なんか変だよ…」と言われてたり

・周りが就職活動していても、一人だけやる気が起きなかったり

・友人が少なくても、なんか満足しちゃったり…。

 

これも、残念ながら人間社会にとってはあまり好ましいものでは有りません。

「社会の役に立つ・役に立たない」の前に

そもそも社会に興味がない」のですから!

反省してるのに!

そんな時間の後に残るのはいるも自己嫌悪。

でも反省しているんですよ!

…と見せかけて頭はいつまでもお花畑だから、治らないのでしょう(少なくとも筆者は)。笑

 

そんなことがもう、何年も続いています。

2022年5月19日追記:この性格によってか、この記事を書いていた当時は本当にモテなかったです。

男女の本質/後半<モテるために必要なマインド>

 

ちなみに、この「アルティメットセンパイ」という曲はモロ「INFP」の曲なので、是非聞いてみて下さい。

「反省してるしめっちゃ落ち込んでる この世の終わりみたいな顔してる

ふりをしている 頭の中では お花が咲いている」

ー歌詞引用     

など、共感しかない歌詞がたくさん出てきます。笑

作者のピノキオピーさんは、今は有名なボカロPですが、高い確率でINFPでしょう

ピノキオピーさんに関してはこちらで歌詞解説なんかもしているので、よかったら覗いてみてください。

ピノキオピー『ノンブレス・オブリージュ』個人的解釈・考察

INFPの弱み

MBTI幸福度最下位、INFPの謎

さて、先程は悲しくなるほどINFPの(というか筆者の)実例をお話ししました。

ここから本題というか、もう少し一般的で抽象的な話題に移ります。

心優しいINFPが、一体どうして「クズ」と呼ばれるのか、MBTIの理論に基づかせて深ぼっていきます。

 

まずINFP、年収が低いランキング1位という名誉(?)を獲得しているのですが、

実は、年収が高い人の特徴でもある特徴全てを踏み外しているのです。

  • 積極的に外と交渉するための「E(外向性)」
  • 周囲に馴染むための「S(現実)」
  • 感情に左右されない「T(論理)」
  • 目標を持ち計画を立て実行していく力である「J(計画)」

そのどれをも持ち合わせていない代わりに、諸刃の刃的要素をふんだんに含んだ4つの型を完備している。

I(内向性)→自閉的、行動しづらい、周りを見づらい、自己完結しがち

N(直感)→理想を追う、想像で補う

F(感情)→主観的、心情・気分で判断をしがち

P(柔軟)→行き当たりばったりになりがち

羅列しただけで生きづらそうでヒヤヒヤしますよね。笑

4つのアルファベットを訳すとこんな感じになるでしょうか。

「F(感情)に強く引っ張られ、I(内向)の壁を作り、N(理想)の旗をたくさん建てるが、P(計画)道筋は立てませんよ」

↓こちらはそれを図で表したものです

最強の理想主義者そのものだということがおわかりいただけましたでしょうか

 

一般的に「珍しい」といわれる「N(直感)型(INFPのNの部分)」は、2.5割しかいないんですよ。

ほとんどが現実思考である「S」に比較し、現実を想像力で独自に組み立てるN型は相当希少なわけです。

 

理想は、面白い人生に多少なりとも必要ですが、現実を圧倒するほど大きいと逆に現実が進まなくなってしまいます。

また、仮にそうであっても、外向的なE型とか計画性のあるJ型であれば、それを実現できるんですよ。

実際にINTJは理想主義でありなあらも年収ランキング第一位です。

弱みは唯一つ

あまりにハードルが高すぎて、何も行動に移せなくなってしまうのです。

夢見る能力は抜群に高くても、それを実現させる意欲や能力が皆無に近い。

もっと抽象的に言うと、インプット能力>>>>>アウトプット能力なのです!

 

これが幸福度最下位の正体、

いや、INFPのすべての悪名や苦しみの正体といえるのではないでしょうか。

 

「そしたら、それさえ治せばよいのか!」と思いますが、

これはINFPだけではなく人類共通で言えることですが、
自分に足りない要素を補うのって、とてもむずかしいことです。

それは決して本人の努力不足ではなく、

「ホメオスタシス」といった「常に一定を保とうとする人間の生体機能」や、

我々の99.9%を占めている「潜在意識」や、

ひいては俗に言う「本能」のあまりに強力な影響力によります。

原子は、必ず複数対いないと、この世に「存在」できません。
原子は、分子になって初めてこの世の中に存在することができます。

そして

「存在」とは観測されることだから、観測者がいないと「存在」できないこと。

INFPにとって「対」がアウトプットです。

行動を伴わないと、成長した精神は一生外に出ることがない。
行動が伴わないことにつらさを感じたとしても、それを我慢することは、ひたすら精神が強くなることにつながります。

外から見れば何の変哲もないのに、心のうちはとても苦しい。
なぜなら、精神世界では自分はかなりすごい状態にいるのに
表面上には誰にも見えず、評価されないわけですから。

精神が強化されること自体は悪いことでは有りませんが
そればかりに偏ると、「私はこんなにすごいのに!」という自意識が肥大化して

様々な「事象」や「結果」として身体に現れるようになります。

(秋葉原殺傷事件も恐らくこの状態だったんだろうなあ、と思います。

生きることの放棄も、この思考が影響しているでしょう。)

人間はなぜ生きる / 生存と繁殖に生きる理由《生命の法則》

しかし、「アウトプットが大事」と結論付けられたところで、

それが難しいからこの記事にたどり着いたのだと思います。

 

安心して下さい。しっかりとコツがありますので、

もし「ちょっと今とは違う世界を覗いてみたい方は、

こちらの記事を参考にしてみると良いかもしれません。

 

きっと、今までどうして変われなかったのかが腑に落ちるかと思います。

【実践】変わりたいのに変われない人へ【2つの方法】

なぜINFPがこの世に生まれたか

INFPにとって、「夢を見ること」自体が「生きること」なんですよね。

 

メンタル激弱なINFPは、いわば自身を「宗教」として信じ抜き、それでなんとか心を保っている状態です。

他の型の人たちは、己を宗教として信じ抜くほど夢を見ることに重きをおいていません。

現実を現実として受け止め、それがたとえ汚いものであってもうまく順応できるのです。

 

動物の使命は「生きること」ですから、それにふさわしいよう脳が仕組み化されています。

しかし、全ての人間が生きることに特化していたら、人類は一生進化しません。

そこで生み出されたイレギュラーが、INFPといってよいでしょう。

つまり、オリジナリティあふれるイマジネーションを創造し、人類全体に善き効果を与えること

 

決して誰にでもできるわけではない、これこそがINFPの使命と言っても良いでしょう。

INFPの強み

さんざんINFPについて良くないことを言ってしまいました。

すみません。

でも、INFPはポテンシャルこそ大いに秘めているので

先述した使命を果たすことが出来れば、それを大きな強みにすることも可能なのです。

 

INFPは、たしかに実行面に関して大きなハンデを背負っています。

その実行力を身に着けることが、人生において一番の課題となるかもしれません。

でも、仮に行動力を身に着けることに成功したら…?

強み1 「唯一無二の幸せ」に到達しやすい

INFPの特徴でもお伝えしたとおり、非常に多くの物事を常に考えています。

だから表には出てないだけで、相当ハイレベルの思考をしている場合も多いんですよね。

これだけ「精神世界」にこだわる型が「行動」を両立することはとても希少なことです。

ということは、ライバルが少ないから競うことはしなくていいし、

「いつも通り自然に」発信するだけで多くの生きづらさを抱えた人の役に立てます。

 

そして、「私だけの幸せ」に到達しやすいのです。

強み2 「世界一」になりやすい

INFP「陰性」を帯びていますが、実は日本も「陰性」の国です。

INFPと日本という国は、親和性が高いのです。

「陰性」とは?

別名「女性性」。

他にも「水」「月」「自然」などが陰性である。
陰性・陽性(別名:女性性・男性性)についてくわしくはこちら

海外でヒットする日本作品の多くは、陰性を帯びています。

例えばアニメ(特にエヴァンゲリオンなどは典型的INFPアニメでしょう)や、「わびさび」の概念はINFPです。

アイドルなんかも陰性を帯びていますね。

ピノキオピーさんのYoutubeも、コメント欄は外国人で溢れかえっています。笑

 

ビジネスの頂点は、MBTIでいうと「ENTJ」ですが、「ビジネス」という観点で見ると、欧米が得意分野になります。

※最近はビジネスが芸術や調和寄りにシフトしていっているので、

これからは日本が活躍すると信じています。

 

ということは、日本生まれの「ENTJ」は、「ビジネス」の場において

仮に日本一になっても、少なくとも世界一になりづらい。

(実際に「日本は精度の高い商品を作るのは得意(実際に老舗も多い)だが、

ビジネス的なイノベーションを起こせない」なんて、よく聞きますよね。

「最もすごいビジネスマン」の名前で挙がるのはスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツなどで、

日本人を挙げることは少ないかと思います。

 

逆に、INFPは日本で一番をとれば、自動的に世界で一番になる確率が高いのです。

というのも、実際に「最も有益なホピー(道楽)創造者」の名前に

ジブリの宮崎駿監督だったり、AKBの秋元康だったり

が挙がることが、ビジネスよりも不自然じゃありませんから。

 

これには根拠が合って、「島国」というのは

「水」は陰性(女性性エネルギー)を帯びますから、その水に囲まれているというのは、陰性のエネルギーを貰いやすいです。

 

ちなみに、同じ「島国」であるイギリスはどうでしょうか。

実はハリーポッターの作者はイギリス生まれで、INFPだと言われていますが、

貧困で相当追い込まれた状態で、なんと電車の中でつくったらしいです。

すごいですよね。

ハリーポッターはINFPだからこその壮大な物語だし、

相当追い詰められていたからこそ、それを外に向けられたんだと思います。

 

このように、

アウトプット能力は異常に低い代わりに、それさえ克服すればどこまでも可能性が広がるのが

INFPの強みといえます。

強み3 最も「愛」に愛されやすい

アウトプット能力を高めるとどうなるか?

アウトプット能力を高めるということは、エネルギーを内向きから外向きへ変換することになります。

するとどうなるか?

INFPの場合、本来は自己に向けられるエネルギーが他者に向けられるわけですから、

「自己=世界」の図が、スムーズに成り立つようになります。

あなたは私で私はあなた」状態です。

 

この状態で愛や優しさを持ってみましょう。

自分を愛するように、他人を愛せるようになります。

これが、真の愛と言えるのではないでしょうか。

INFPは、最も慈悲深く愛情深くなりうる資質を持っているのです。

(これは、INFPが、ほかタイプよりも「ワンネスエネルギーが強い」ことにもつながっていきます。)

 

ちなみに

BUMP OF CHICKENの作詞作曲者、藤原さんはINFPだと言われていますが、

「何が何でも4人でバンドをやりたい!」と強く願う気持ちが原動力になり

エネルギーが外向きになることで、

あれだけ愛のエネルギーがある、多大な影響力を持ったバンドになったのだと私は思っています。

まとめ

「役に立たない」人、抽象的に言うと「インプットだけでアウトプットしない」人がクズというなら、

INFPは確かにそうかもしれません。

空想だけして、現実からは逃げてばっかで。

 

持ち前のメンタルの弱さで作り上げた美しい世界観しかありません。

でも、その美しい世界観を外側に出さなきゃいけないほど追い込まれた時、多くの人々を救うことができたのもまたINFPです。

MBTI公式サイトによると、MBTIの最終的な目標は「生まれ持った性質以外もすべて身に着けること」だそうです。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

(ちなみに、INFPとINFJはかなり考え方が似ていて、INFJはよくINFPにミスタイプするらしいです。

筆者も永らくINFPだと思ってたらINFJでした。

この記事で確かめる指標になるかもしれません)

INFPとINFJの違い

また、パーソナル診断にご興味がお有りな方は、

こちらの記事を読むと、未知なる世界を発見できるかもしれません。

INFJとHSPとエンパスとマルチポテンシャライトとインディゴチルドレンとスターシードとエニアグラムタイプ4とINFPの関係性