【INFPあるある】「真面目系クズ」と呼ばれてしまう理由

INFPで検索すると、「クズ」というサジェストがでてきます。

INFPはただでさえMBTIの中で最も年収が低かったり、自殺率が高かったり、

挙げ句

「社会不適合者率No1」

なんて書かれ方をされてしまっています…。

 

そんな理不尽な待遇を受けがちのINFPですが、本当は全然クズではないのです。

むしろとても優しい心の持ち主です。

 

ではなぜクズと言われてしまっているか?

それは世間との「クズ」の言葉の認知とギャップがあるからです。

 

つまり、そもそもINFPと世間とでは、

「何が重要で、何が不要(=クズ)」なのか、

価値基準が全く異なります。

 

そのあたりも踏まえて、

・INFPの特徴

・INFPのクズと呼ばれてしまいがちな部分

・INFPの特徴をうまく活かせそうな部分

を、あるあるとともにご紹介していきます!

INFPとは

心優しき社会不適合者

本題に入る前に、「INFP」とは何か。

ということをご説明いたしましょう。

 

INFPとは、

MBTIという性格診断ツールで

16個に分けられる人間のタイプのうちの一タイプです。

I(内向性)→己に帰ることでエネルギー回復を行う

N(直感)→理想を追う、想像で補う

F(感情)→主観的、倫理観で判断

P(柔軟)→プロセス重視で目標を軽視しがち

「F(感情)に強く引っ張られ、I(内向)の壁を作り、N(理想)の旗をたくさん建てるが、P(計画)道筋は立てませんよ」

↓図で表すならこんなイメージでしょうか。

最強の理想主義者そのものなイメージです

これと真逆のタイプに、ESTJというものがあります。

E(外向性)=外に出向くことでエネルギー回復を行う

S(現実)=現実的で詳細な情報を好む

T(論理)=客観的、論理で判断

J(計画)=目標重視でプロセスを軽視しがち

お察しの通り、こちらのタイプのほうが、人口割合が多いです。

特に2個めのアルファベットが「N(直感)」の型は、人工の2.5割しかいないのです。

こう書いてしまうとちょっと希少でかっこいい気もしますが、

マイノリティな分、社会に適応しづらいということになります。

 

理想や空想は、

人生を面白くするには必要不可欠ですが、

周囲との乖離が大きいと、

違う言語を使用しているような、

独特な「感覚の不一致」が生まれてきます。

 

その「不一致」が、

INFPがクズだと呼ばれてしまっている

原因の一つでもあるのです。

クズの定義

社会の思うクズとINFPの思うクズ

では、本題の

「INFPが真面目系クズだと呼ばれてしまう理由」

に話を戻します。

 

この話題を考えるにあたって、決めないといけないことがあります。

「そもそも、クズってなに?」

ということです。

 

ここでは、

【クズ=役に立たないもの、重要でないもの】

と定義させてください。

 

世間一般は、主に目に見えるものを重要視します。

一方でINFPは、目に見えない善悪や美学を重要視します。

ここに、「クズ」の認識ギャップが生まれやすいのです。

 

つまり、世間にとっては

【目に見えない=重要ではない=クズ】ですが

INFPはそうは考えません。

目に見えないことにこそ、価値があるとすら考えています。

 

なので、自らがクズだと思わない分、

抵抗なく悪気なく目に見えない部分で動くため、

周囲からは何もしていない、役に立っていないように映るのです。

INFPあるある

INFPあるある1⃣ 変人扱いされがち

変人扱いされることは、多くのINFPが経験したことでしょう。

例えば…

・子供の頃「なんか変」と言われてたり…

・友人が少なくても、なんか満足しちゃったり…

・周りが結婚や就職をしていても、一人だけやる気が起きなかったり…

目に見えない部分を大事に思うあまり、現実をおろそかにしてしまいがちです。

 

しかも、一見「真面目」に擬態しているところがミソ。

 

例えば、意味の分からないルールでも、INFPは「みんなのために」と気を遣って守ります。

そのさまはすごく真面目に映ります。

 

しかし、

内心では「意味ないだろ」と思っているため、

こっそり手を抜いてルールを破ります。

 

そのさまが、真面目な印象を覆すようです。

 

というわけで

「真面目系クズ」

と評価されてしまうのでしょう。

INFPあるある2⃣ アウトプットがやや苦手

INFPは、インプットに比べ、アウトプットが少々苦手です。

 

例えばINFPは、一日中何かしら考えています。

何かを思いつくとワクワク感が出てきて、脳がやる気に支配されます。

しかし、それは良くて準備するところまで。

そのほとんどは実現されず、頭の中で完結します。

せっかく生まれた素晴らしいアイデアが、自己完結してしまう…

こんな日常ざらにあります。

 

抽象化思考が得意で、

考えることが無限にあるからのです。

 

加えて、自分の内側にベクトルが向きがちです。

外向きに使えるエネルギーが

限られてしまっていることになります。

 

なので、意識がなかなか外界に向かず、

アウトプットできないのです。

 

ただ…

INFPの強みはその卓越したクリエイティビティなので、

世に出さないのは非常にもったいないです。

INFPあるある【INFPの3つの強みと特徴】

INFPあるある3⃣ 過剰ぎみな自意識

INFPは、基本的に自意識過剰なです。

特有の内向きベクトルにより、一瞬のうちに自己についてたくさん考えます。

 

「私が今〇〇したらこう思われるんじゃないか」

「これは罠かもしれない」

「一旦他の人の様子を見て決めよう…!」

こんな具合に。

 

しかし、現実で動くのは、

頭の良い人よりも機械的に動く人。

 

こちらがあれこれ思考している割に、

「何も考えぬ普通の人」が

成果を出すのです。

 

なので、いかに他者の事を考えていても、他人からは「自意識過剰」と映ります。

あぁ、なんて切ない…。

反省と自己嫌悪

そんな時間の後に残るのはいるも自己嫌悪。

でも反省しているんですよ!

 

そう、

ちょうどこの「アルティメットセンパイ」という曲のように。

「反省してるしめっちゃ落ち込んでる 

この世の終わりみたいな顔してる

ふりをしている 

頭の中では 

お花が咲いている」

ー歌詞引用     

この曲、共感しかない歌詞がたくさん出てきます。

作者のピノキオピーさんは、今は有名なボカロPですが、おそらくINFPでしょう。

ピノキオピーさんに関してはこちらで歌詞解説なんかもしているので、よかったら覗いてみてください。

ピノキオピー『ノンブレス・オブリージュ』個人的解釈・考察

 

まとめ

いかがでしたか。

新たな発見は有りましたでしょうか。

 

「役に立たない」人、

「目に見える成果を残せな」人をクズと呼ぶなら、

INFPは確かにそうかもしれません。

 

それも一見真面目に思えるので、

「真面目系クズ」と呼ばれてしまう理由もわかります。

 

しかし、それがたとえ「真面目系クズ」と呼ばれようとも、

己の美しさを指標に抗い続けるからこそ

見える景色もあると、

私は思います。

 

実際、INFPの方々がつくったアート作品は、

いつも私の心を潤しているのですから。

 

それでもなお自己嫌悪が激しい場合は、

以下を参考にしてみてはいかがでしょうか。

【実践】変わりたいのに変われない人へ【2つの方法】

「変わりたいのに変われない」は、

決して努力で解決できる問題ではありません。

 

「ホメオスタシス」といった

「常に一定を保とうとする人間の生体機能」や、

我々の99.9%を占めている「潜在意識」や、

ひいては俗に言う「本能」の

あまりに強力な影響力によります。

 

この本能をコントロールするための、ちょっとしたコツがあるのです。

 

そうそう、INFPとINFJはかなり考え方が似ていて、

INFJはよくINFPにミスタイプするらしいです。

 

筆者も永らくINFPだと思ってたらINFJでした。

この記事で確かめる指標になるかもしれません。

INFPとINFJの違い

 

読んでいただきありがとうございました!

 

是非コメント欄に感想をお寄せくださいね。