【本人による】INFJがストレス時に陥る「Ni-Tiループ」とは【あるあると解説】

こんにちは。

文です。

 

筆者は生粋のINFJです。

高校生の頃から毎日日記を書いているのですが

俯瞰してみること7年ほど、

見返してみるといつも同じ流れで悲しくなったり嬉しくなったりをループしていることに気づきました。

 

その中でもある一定のことがストレスの引き金になり、同じ苦しみを繰り返す現象を発見し

「なんだこれは…」と色々調べてみてわかったことが、

どうやら「Ni-Tiループ」とやらに入っていたみたいです。

いつも落ち着いて見られる性格ですが、超ストレス時には急に全てをかなぐりだしたり…。

 

さて、今回はそんな「Ni-Tiループ」について、

INFJ本人による対処法を共有したいと思います。

ーーーーーーー

2022/5/15 Youtube始めました↓↓

Ni-Tiループとは

MBTIタイプの「ループ現象」とは

まず「〇〇ループ」とはなんぞ?ということなのですが、

MBTIの各タイプがストレスに当たった際に、そのタイプの「2番めの特技(INFJでいうとこのFe)」が欠け、

「バランスを崩した状態(INFJでいうとこの1番目Ni、3番目Tiしか使わない)」になってしまう現象で、

そのMBTIタイプ特有の負のスパイラル」を指します。

 

これがINFJの場合は、「Ni-Tiループ」と呼び

他にもINFPだと「Fi-Siループ」だったり、ISFJだと「Si-Tiループ」だったり、さまざまです。

 

さて、INFJの場合、長時間ストレスにさらされることで

INFJが2番目に得意だといわれているFe(人の感情を察知する)の能力を抑圧してしまうことがあるらしいです。

具体的には以下の通り。

他者と境界線をひいて自分を守ろうとする

どこか冷淡な感じを与え、ひとり引きこもってしまいます。

INFJストレス時あるある

そのストレスとは、例えば私(INFJ)の場合だと

・思いやりのない環境にあたること

・十分な一人の時間が取れないこと

・方向性がわからないこと

・細かいことに目を向けさせること

 

そしてストレスがたまるとどうなるか?について、以下に自身の体験を箇条書してみました。笑

 

・無意識に自傷行為に走る

これは「無意識に」というところがポイントでして、

決してわかりやすいリストカットとかでは現れないのです。

 

そして、「自分が自傷行為をしている」ということにすら、ストレスの最中には気づけません。

例えば、指のささくれをいじくりまわしたり、わざと姿勢を悪くしたり、

ご飯を食べられないほど食べたり逆に全く食べなくなったりします。

 

また、「精神的自傷行為」というものをするようにもなります。

例えば、あえて身近な人が死んだ思い出を引っ張り出したり、生きる価値のなさを理由づけしたり、

「自分は悪い状態にある」ということの意味付けをします。

 

実は「無意識」が私達の体を作っているので、これは私達が思う以上に悪影響で、深刻なことだと言えます。

 

・過度な快楽に溺れる

一日12時間テレビを見たり、一週間ぶっ通しでベッドにいたり…

普段なら絶対にやらない怠惰な生活を送り、罪悪感で涙でグチョングチョンになります…笑

 

実際私もホテルを何泊分も取ってお金を浪費したり、

そこに引きこもってひたすらYoutubeを見たり、

引くほど泣いたり、

公開しないブログの文章をひたすら書いたり…

これでもかというほど闇の性質を色濃くさせた経験が、いくつもあります。笑

 

・人と離れたがる

いつも気を使って生きている反動か、「もうひとりでいさせて!!」と引きこもります笑

よく言われるのが「連絡先リセット」ですが、

意識してそうしたことはないけれど、無意識に「電話番号変えたいな~変えちゃお!」みたいなことがよくあります。

 

友達でも家族でも恋人でもそうですが

すごく優しくしてくれるのに自ら離れたがり

気づいたときには取り返しのつかない場合が多い。

 

一度恋人の家に同棲した時、2週間を過ぎたあたりでしょうか。

うすうす無理をしていると感じているはずが、

夜中、急に頭痛と吐き気が止まらなくなり、

夜中の0時に電車に乗って家に帰ったことが有りました。

 

「よっぽど俺のこと嫌いだったのかな…」と落ち込むなかれ、

ただただ人と長時間過ごすのが苦手なだけなのです。

 

・すごく胡散臭い愛想笑いをする

「人と離れたがる」にかぶってきますが、全体的に人に対して雑になるのが読み取れます。

 

まあ、コレに関して言うと正直、普段から割と愛想笑いなのですが(笑)

いつもはバレないよう繊細に行っているのに対し

「もうなんか、うんもうどうでもいいや」、みたいな投げやりな気持ちで

ハハッと乾いた笑いを連発するようになります。

それも全く面白くないような、変なところで笑うようになります。

(特に人と長時間いるときとかになりますが、

そういうときって大体、友人の誰かがVログ動画撮ってたりするので、

後で見たときに「うわ、恥ずかしい…」となります。)

 

・あえて意味不明なことを言う

人に対して雑になる、という点で上記と似ていますが、

これは…INFJあるあるなのか、私あるあるなのか微妙なので分けて書きました。笑

 

どういうことかというと

なんかすごく場を壊すようなことを言うようになるのです。

 

例えば、質問にテキトーに答えたり、わざと嘘をついたり、

全くおもしろくないギャグを笑いながら発言したり、呼びかけに無視してみたり…。

どれも普段なら絶対にやらないことです。

しかも、なんか、「前回は対人関係うまくいったから今回はちょっとバランスとって悪めにしよう」みたいな

よくわからない動機ですることがあります。笑

 

投げやりになっているのか、

自分のペースに持って行こうとしているのか

それとも単に疲れて集中力がなくなってるのか

 

もしかしたら

「持論を相手に押し付けよう」ということなのか、

「独特の世界で相手をビビらせて」

「勝手に周りが離れてくれれば…一人になれる!」

と、無意識に考えてるのかもしれません…。

 

ともかく、INFJならではの(?)謎なストレスあるあるだと思います…。

Ni-Tiループから抜けるには

自身のフィーリングを大事に

では、外向的感情(Fe) の働きによって、境界を引き、ひきこもった先、

どうやってこのループを抜けたのでしょうか?

 

結論を言います。

私の場合は「センスに身をまかせる」ことでした。

 

「考えないようにする」といえば身も蓋もないですが笑

これは個人的な意見ですが、INFJてきっとすごく理性的なタイプだと思うんですね。

病んでしまう原因も、突き詰めて考えるときっと考えすぎてしまう(から反動で何も考えないようにする)と思うんですよ。

 

なので、考えないようにする

強いては「思考のスピードよりも早く物事を進ます」

ことがすごく効果的でした。

 

そうそう、冒頭で「高校生から日記を書いている」と言ったのですが、

ちょうど気分が好転した際(Ni-Tiループから抜け出した際)の記録もしていたので、

ちょっとお見せしますね。

思い詰めぬよう頭で考えずフィーリングでやる、

習慣化が怖いとか言ってるけど考えすぎるのも立派な危険な習慣だと理解する

とありました。

他にも

楽しみをつくる(これが終われば〇〇…!)

嫌なことを時間制限する

「恥」の感情に嘘をつかない

なんてのもありました笑

 

総合すると、「ちゃんと自分の感情やフィーリングに目を向けろ

ということでしょうか。

 

「善いこと」へ普段固執しているため、「善いこと」をとことんやめて

「闇」の方へバランスを取ろうとするけど、

「善い」とか「悪い」とか頭で考えるのを一旦やめて、

「感覚」で動いてみろ、ということです。

 

以上、INFJによるNi-Tiループとその解消法でした。

あなたのストレス対処法はなんでしょうか?

コメントで教えてくれると嬉しいです。

 

ちなみに…

 

こんな記事もあるからMBTI好きは要チェック!

INFJあるある

INFJは他にもこんな呼び方があった!?

INFPとINFJの違い

ではでは、また次の機会にお会いしましょう〜!